お久しぶりです、美人です。

拝啓、読者のみなさま。お元気ですか?

 

久々の更新になる。ありがたいことに、このブログには更新がない間にも一定数のアクセスがあり、時たまSNSで記事がシェアされているのを見つけては、ニヤついていました。廃墟にならずに、常に誰かが訪ねてきてくれるというのは私の支えになっていた。もしこの新しい記事を見に来てくださる方がいるのであればここでお礼を言いたい。

 

そして、また始めたいと思いつつも今日という日まで先延ばしにしてしまったことを許してほしい。このブログを休んでいる間に、私は発達障害の診断をもらい、就活を諦め、それから東大院への進学を決めた。

 

ちなみに、東大院では魔法少女に関する研究をする予定だ。幼少期に視聴した魔法少女アニメが、子供の成長においてどのような影響を及ぼすのか、というものなのだけど。メディア論・社会学の分野で研究を進めていくことになる。

私が魔法少女で東大院に挑むきっかけを与えてくれたのは間違いなくこの記事だ。

 

toyopuri.hatenadiary.jp

 

いろんな人に読んでもらって、ツイッターでもたくさんシェアしてもらって、「瀬川おんぷ」で検索すると上から3番目に出てきたりしたこともあって、これで東大に行くんだというヤバい目論みが実現に傾くことになった。

 

大学院受験の予備校に通っていたのだけど、先生が試験の前に「あなたには、魔法少女のパワーもついてるから大丈夫だよ。今までの人生も困ったとき、彼女たちが助けてくれたでしょう?」と言ってくれて、泣いた。まったく、メルヘンワールドを理解してもらえて嬉しい限りである。魔法少女たちのご加護もあってか、合格は決まり、晴れて東大院生になる資格を得たわけだ。

 

さて、そもそもなぜ大学院に行く必要性があったのかというともちろん研究分野にも興味があったし、東大院に進学するという夢はぼんやりと抱いたことはあるけれど、それを実行することに至った直接の理由には、発達障害の診断が下ったことにある。

このブログで書いてきた、幼い頃からがさつで、いびつな個性を持った自分が辛かったという内容。たたずまいの綺麗な美人になりたいという願いを込めてつけたこのハンドルネーム。こうした、うまくいかないことすべてが発達障害によるものだったのである。

 

toyopuri.hatenadiary.jp 

toyopuri.hatenadiary.jp

 

ADHD(注意欠陥多動性障害)私を知る人なら、誰もがその傾向に納得する節があると思う。

・がさつ

・落ち着きがない

・早口

・忘れ物が多い

・〆切を守れない

・時間を守れない

かとおもえば

・突飛なアイデアや思いつき

・エネルギッシュにそれを実現させる

 

ただ、これらの傾向は大なり小なり誰にでもあるもので、あなたはそういう節はあるけど、障害じゃないでしょ、とか、勉強はそれなりにできるから違うでしょ、また思い込みか、だとかいろんなことを言われる。だけど、診断名が下る前から、自分の中の恥の棚下ろしのようにしたためてきた私の上の2つの記事を見ると、私が小さい頃から感じていた違和感に、多少なりの理解を示してもらえると思いたい。

 

わたしはこれまでの22年間がさつで落ち着きのない自分が嫌で仕方がなかった。いつか治ると美人を目指して、自己啓発本や夢を叶えるノート的なのをつけていたのだが、どうやら脳の不具合なので治ることはないらしい。美人失格の審判が下った。

 

めちゃくちゃ可愛くて落ち着いた心理センターの大学院生のお姉さんの前で、積み木をやったりパズルをやったり、汚い字を見られた自分。惨めでした。

 

さて、本当に喜ばしくも残念なことに私は正真正銘のADHDであった。逆にこれで障害じゃない方が救いようがない。

 

この診断を受けたのは、発達障害者が身近にいた方からの勧めがあってのことだった。

その方に、わたしのような人間がどうやって社会の中で生きていくか、も含めてアドバイスをもらったんだけど、端的に言って、一般的な会社勤めは私には到底難しいらしい。バリキャリになれると幼い頃は信じてたけど、どうやら、汚い部屋から飛び出して、駅まで走って、プリントを無くし、アポをすっぽかし、締切を守れない、社会不適合者として怒られながら生きていくほかないらしいのだ。美人ちゃん、こんなはずじゃなかった。こんなはずじゃないから美人ちゃんなのに。これではガサツちゃんである。

 

ガサツちゃんが美人ちゃんとして一定の社会適合力を持って生きていくには、文筆業なり、学業なり、起業なりで、生計を立てなくてはいけなくて、そのためにあと2年研究と文章を極めて、何か突破口を見つけるしかないみたいだ。

 

のんびりと、切実に。コンプレックスをつらつらと書いてきたこのブログにも、生活がかかった背水の陣で臨まないといけなくなった。

 

だけど、だからと言って何が変わるというわけでもなく、書かなきゃなー書かなきゃなーと思ってることをどんどん書いて、更新率を上げるくらいの話だ。

   

 

ここにしたためてきた「美人ちゃん」の言葉たちは、普段の私よりもよっぽど私の言葉で、ゆっくりゆっくり考えて、絞り出して織り上げた文章だ。たくさんの人に読んでもらって、たくさんの人に自分が考えてることを知ってもらって、初めて周りの人に理解された気がしました。ありがとう。すごく楽しくて嬉しかった。

 

これからも末永く、よろしくお願いします。

 

2018.11.15 美人